虫歯治療ガイド

虫歯治療ガイドでは虫歯(う歯)のあれこれを説明しています。

虫歯について

虫歯とはう蝕した歯のことで、専門的には「う歯」といいます。
一般的に、虫歯になる要因として、歯磨き不足を言われたりすることがありますが、虫歯になってしまうのには様々な理由があります。
歯の表面の歯垢の中に存在する細菌が、飲食物中の糖分を摂取・分解して酸を出すのですが、この酸により歯は溶かされます。
唾液によって酸から歯を守ったり修復したりするのですが、糖分の摂取が頻繁だったり過剰だと酸から守れなかったり修復(再石灰化)ができず、その歯の弱った箇所から菌が入り込み、虫歯となります。
また、虫歯によって弱った歯は、自然に回復することはありません。
元々の体質や歯の質にもよりますが、頻繁かつ丁寧にブラッシングをすることで虫歯になることを防げる可能性が高くなります。
そして最近ではフッ化物を利用した虫歯の予防も行われています。
虫歯になってからでは遅いので、予防するためにも理解を深めることが大事です。



INFORMATION

2014-09-10
サイトをUPしました。
ページのトップへ戻る